BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 甲状腺刺激ホルモン(TSH/IFCC)

内分泌学

検査項目名称
甲状腺刺激ホルモン
(TSH/IFCC)
コード 13573
統一コード 4A056-0000-023-053
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 ビオチンを投与している患者(1日の投与量5mg以上)からの採血は、投与後、少なくとも8時間以上経過してから実施してください。
負荷試験は合成TRH500μgを静注
◆補足情報参照
所要日数 1~3
検査方法 ECLIA法
基準値 0.610~4.230
μIU/mL
実施料 / 判断料 104 判生Ⅱ

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

◆ 日本臨床検査医学会、日本内分泌学会等が進める「TSHのハーモナイゼーション」に対応した項目です。


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.