BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > NTX-尿/CLEIA(1型コラーゲン架橋N-テロペプチド)

生化学

検査項目名称 NTX-尿/CLEIA
(1型コラーゲン架橋N-テロペプチド)
コード 13602
統一コード 5C123-0000-001-052
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 2.0 (早朝第二尿)
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 判定基準は補足情報参照
所要日数 2~4
検査方法 CLEIA法
基準値 M(40~59歳):13.0~66.2
F(閉経前30~44歳):9.3~54.3
(閉経後45~79歳):14.3~89.0
nM BCE/mM・Cre
実施料 / 判断料 156 判生Ⅱ ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報



1型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTX)・デオキシピリジノリン(DPD)(尿) 原発性副甲状腺機能亢進症の手術適応の決定、副甲状腺機能亢進症手術後の治療効果判定又は骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択に際して実施された場合に算定。
なお、骨粗鬆症の薬剤治療方針の選択時に1回、その後6月以内の薬剤効果判定時に1回に限り、また薬剤治療方針を変更した時は変更後6月以内に1回に限り算定できる。
ただし、1型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTX)、デオキシピリジノリン(DPD)(尿)、オステオカルシン(OC)を併せて実施した場合はいずれか1つのみ算定。
<悪性腫瘍特異物質治療管理料 1項目360点、2項目以上400点>
乳癌、肺癌又は前立腺癌であると既に確定診断された患者について骨転移の診断のために検査を行い、検査の結果に基づいて計画的な治療管理を行った場合に算定。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.