BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > HBV薬剤耐性変異解析

研究検査

検査項目名称 HBV薬剤耐性変異解析
コード 12155
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-32
採取条件・提出条件 / 備考 判  定:「変異なし」、「変異あり」
     あるいは「感度以下」
各変異型:「陽性」、「弱陽性」
    あるいは「陰性」
〇補足情報参照

所要日数 3~12
検査方法 PCR-Invader法
基準値
実施料 / 判断料

容器画像

補足情報

HBV薬剤耐性変異解析 ウイルス量が少なく、PCR増幅が認められなかった場合の判定は「感度以下」となります。各変異型の「弱陽性」は、ダイレクトシークエンスなどでは検知が困難な少数の変異ウイルス株の存在(およそ20%以下の存在比率)を意味します。



ご依頼の際の注意 汚染の影響を受けやすい検査方法のため、核酸増幅法以外の検査項目との重複依頼は避けてください。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.