BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > MLL/AF6定量

研究検査

検査項目名称
MLL/AF6定量
コード 56924
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
骨髄液 0.5 ◆
O-97
採取条件・提出条件 / 備考 〈曜日指定〉受託可能曜日:月~金
採取当日にご提出ください。
血液は、必ず専用容器を用いて7mL採取し、直ちに十分混和し冷蔵にて速やかに当日内にご提出ください。 骨髄液は採取後0.5mLを速やかに専用容器に入れ、冷蔵にて当日内にご提出ください。 対象疾患と別称については補足情報の表をご参照ください。
所要日数 4~7
検査方法 リアルタイムRT-PCR法
基準値 コピー/μgRNA
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性骨髄性白血病 ■急性リンパ性白血病
低値
解説 白血病では疾患に特徴的な染色体転座が多くみられ、それに関連する融合遺伝子(キメラ遺伝子)が検出されている。
11番染色体にあるMLL(mixed lineage leukemia)遺伝子は、多くの染色体部位と転座による融合遺伝子を形成し、急性骨髄性白血病(AML)や急性骨髄単球性白血病(AMMoL)、急性リンパ性白血病(ALL)、骨髄異形成症候群(MDS)などで検出されることが報告されている。
本検査は、MLL遺伝子と4番染色体のAF6(MLLT4)遺伝子が融合したMLL-AF6キメラ遺伝子のmRNAをリアルタイムRT-PCR法を用いて定量的に検査する項目で、AMLなどにおいて治療経過観察などに有用と考えられる。
本検査の検査材料は骨髄液であるが、別途、血液で検査する項目も設定している。

ページトップへ戻る

補足情報

骨髄液採取上のご注意
 骨髄液は、ヘパリンを使用しないシリンジで規定量(0.5mL)を採取し、あらかじめ手元に用意した専用容器(O-97)に注入して速やかに転倒混和してください。専用容器に入れるまでに時間が経過したり、転倒混和が不十分だと、骨髄液が凝固してDNA又はRNA抽出ができなくなる場合があります。




ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.