BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > WT1mRNA定量

染色体・遺伝子

検査項目名称
WT1mRNA定量
コード 54658
統一コード 8C505-9962-019-875

検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 7.0
O-82
採取条件・提出条件 / 備考 基準値:50未満(コピー/μgRNA)
〈曜日指定〉受託可能曜日:月~金
血液は、必ず専用容器を用いて7mL採取し、直ちに十分混和し冷蔵にて当日内にご提出ください。
所要日数 3~5
検査方法 リアルタイムRT-PCR法
基準値
実施料 / 判断料 2520 判血 ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性骨髄性白血病(AML)
■骨髄異形成症候群(MDS)
■不応性貧血(RA)
低値
解説 WT1(Wilms' Tumor-1) 遺伝子は、1990年Callらにより、小児ウイルムス腫瘍の原因遺伝子として同定された。WT1遺伝子は染色体11p13に存在し、種々の成長因子とそのレセプター等の遺伝子の転写を抑制することが報告されている。更に、急性骨髄性白血病(AML)の微少残存病変(MRD)のモニタリングマーカーおよび骨髄異形成症候群(MDS)のAMLへの進行度を反映するマーカーとしての報告がされた。
WT1mRNAの発現はAMLにおいて高頻度であり、診断時の発現量と予後が関係しているとの報告もあり、AMLにおけるMRDのモニタリングーマーカーとして早期の再発診断に有用である。
末梢血中または骨髄液中のWT1mRNAは、AML患者において、MRDのモニタリングマーカーとして使用する。ただし、AMLの診断目的には使用できない。
末梢血中または骨髄液中のWT1mRNAは、MDS患者において、MDSの診断補助および進行度モニタリングマーカーとして使用する。

ページトップへ戻る

補足情報

WT1mRNA 急性骨髄性白血病又は骨髄異形成症候群の診断の補助又は経過観察時に行った場合に1月に1回を限度として算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.