BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > HIT抗体(PF4-ヘパリン複合体抗体)

免疫学

検査項目名称 HIT抗体
(PF4-ヘパリン複合体抗体)
コード 12025
統一コード 5G530-0000-022-117
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.5
B-11 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 採血方法は補足情報をご参照ください。
所要日数 2~5
検査方法 ラテックス凝集法
基準値 1.0未満
U/mL
実施料 / 判断料 390 判免 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■ヘパリン起因性血小板減少症
低値
解説 HIT抗体は、ヘパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia;HIT)の発症に関与する血小板活性化抗体である。
HITは、抗凝固の目的で投与されたヘパリンによって免疫学的な機序で産生されたHIT抗体により逆に血栓傾向を生じ、血小板減少や血栓塞栓症を引き起こす重篤な医原病である。発症した場合には、半数近くが血栓塞栓症を合併し、死に至ることもあり、適切な臨床および検査診断が必要である。
HIT抗体の対応抗原はヘパリンではなく、投与されたヘパリンに血小板から放出される血小板第4因子(PF4)が結合し、このPF4の構造変化によって抗原決定基が表出される。保険収載のHIT抗体は抗原として、ヘパリンの代わりに同様に陰性荷電を持ち、PF4と結合して隠れていた抗原基を表出させるポリアニオン化合物とPF4の複合体を用いている。
本ラテックス凝集法によるHIT抗体は、IgG、IgA、IgMの全ての分画を測定する。全てのグロブリン分画の抗体がHITに関与する報告はあるが、現在のところIgG抗体が血小板活性能を持った病因となるHIT抗体との説が有力であり、別掲のHIT-IgG抗体(項目コード7992)はHITの診断にさらに特異性が高い可能性がある。
HITの病因となる抗体は、ヘパリン依存性血小板活性化IgG因子であるが、本法およびIgG抗体も含めた免疫学的測定法は、非ヘパリン依存性血小板活性化IgG因子もとらえるため、HIT抗体の結果が陽性であってもそれだけでHITと診断はできず、臨床診断と合わせた評価が必要となる。現時点では、本法およびIgG抗体ともに陰性の場合にはHITを否定する除外診断としての価値が高いとされている。

ページトップへ戻る

補足情報

血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体(IgG,IgM及びIgA抗体)、血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体(IgG抗体) ヘパリン起因性血小板減少症の診断を目的として行った場合に算定する。一連の検査で血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体(IgG,IgM及びIgA抗体)と血小板第4因子-ヘパリン複合体抗体(IgG抗体)を同時に実施した場合は主たるもののみ算定する。



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.