BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 抗Mi-2抗体

免疫学

検査項目名称 抗Mi-2抗体
コード 10738
統一コード 5G123-0000-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.2
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 (判定基準)
(+):53以上
(-):53未満
所要日数 2~8
検査方法 EIA法
基準値 (-)
インデックス値:53未満
実施料 / 判断料 270 判免 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■多発性筋炎 ■皮膚筋炎
低値
解説 多発性筋炎・皮膚筋炎(Polymyositis/Dermatomyositis;PM/DM)は、自己免疫などに起因するびまん性炎症性筋疾患であり、ヘリオトロープ疹やゴットロン徴候・丘疹などの特徴的な紅斑や皮疹を呈するものがDMとされます。
抗Mi-2抗体はDMにおいてはじめて報告された筋炎特異的自己抗体であり、他の膠原病ではほとんど検出されません。
抗Mi-2抗体陽性患者は、筋症状とDMの特徴的な皮疹が認められる典型的なDMの臨床像を呈し、間質性肺炎や悪性腫瘍の合併が少なく、ステロイド反応性が良好であるという臨床的特徴が認められます。
抗Mi-2抗体の測定は、抗Jo-1抗体、抗ARS抗体(抗Jo-1含む)とともにPM/DMの診断補助に有用です。

ページトップへ戻る

補足情報

抗MDA5抗体、抗Mi-2抗体、抗TIF1-γ抗体 厚生労働省難治性疾患克服研究事業自己免疫疾患に関する調査研究班による「皮膚筋炎診断基準」を満たす患者において、ELISA法により測定した場合に算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.