BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 中皮腫判定検査

病理・細胞診

検査項目名称 中皮腫判定検査
コード 11631
統一コード
検体必要量(mL)容器 / 保存
材料1:
体腔液沈渣
0.5
体腔液沈渣: S-S
材料2:
染色済標本

材料3:
セルブロック
採取条件・提出条件 / 備考 ①細胞診のご依頼に追加を希望される場合は最寄りの営業所までご連絡ください。
 
 
②中皮腫判定検査のみのご依頼を希望される場合は(細胞診の依頼なし)最寄りの営業所までご連絡ください。
所要日数 14~21
検査方法 標本作製:
 セルブロック法
 又は細胞転写法
 
免疫染色:
 SLAB法
 ポリマー法
基準値
実施料 / 判断料 860(セルブロック法) 判病 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報


病理組織標本作製(セルブロック法によるもの) *細胞転写法は未保険となります。
悪性中皮腫を疑う患者又は組織切片を検体とした病理組織標本作製が実施困難な肺悪性腫瘍を疑う患者に対して、穿刺吸引等により採取した検体を用いてセルブロック法により標本作製した場合に算定する。なお、肺悪性腫瘍を疑う患者に対して実施した場合には、組織切片を検体とした病理組織標本作製が実施困難である医学的な理由を診療録及び診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.