BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > クレアチン

生化学

検査項目名称 クレアチン
コード 00081
統一コード 3C010-0000-004-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 1.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 24時間蓄尿し、全尿量を記録して、必要量を提出
所要日数 2~3
検査方法 酵素法
基準値 M:170以下F:290以下
mg/day
実施料 / 判断料 11 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■筋ならびに神経筋疾患時:進行性筋ジストロフィー、多発性筋炎、ポリオ、筋硬直性ジストロフィー ■甲状腺機能亢進症
低値 ■甲状腺機能低下症 ■肝硬変
解説 クレアチンは骨格筋に由来し、速やかに尿中に排泄されるので、血清よりも尿中排泄量を測定するほうがより有用である。たとえば、多発性筋炎の急性期には、1日400mg以上にも及ぶクレアチンの尿中排泄がある。
女性ならびに小児の血清、および尿中クレアチンは、成人男子よりも高い。
クレアチン測定の臨床的意義は、主として筋疾患時における尿中排泄量の測定にある。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.