BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 尿酸(UA)

生化学

検査項目名称 尿酸
(UA)
コード 00407
統一コード 3C020-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1 (5日)
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 酵素法
基準値 M:3.6~7.0F:2.7~7.0
mg/dL
実施料 / 判断料 11 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■痛風 ■腎不全■悪性貧血 ■多血症 ■多発性骨髄腫 ■慢性骨髄性白血病 ■悪性リンパ腫 ■各種高脂血症患者
低値
解説 尿酸(UA)は、核酸の構成成分であるプリン体の終末代謝産物である。体内組織、特に肝において産生され、主として腎臓より尿中に排泄され、その量は体内のプリン体代謝を反映している。
血中尿酸濃度上昇の原因としては、食餌由来(高プリン体食)や、抗癌剤投与などによる核蛋白の崩壊亢進、プリンヌクレオチド代謝関連酵素異常症による生成亢進と、尿細管での分泌障害および再吸収の亢進による排泄の低下がある。
尿酸は水に対する溶解度が低いため、血中ではNa塩となり、アルブミンなどの蛋白と結合しているが、高尿酸血症では関節や組織に結晶として析出し、白血球等による貧食を惹起する代表的疾患が痛風である。痛風患者であっても、8g/dL未満の尿酸値を示すものが約10%存在する。尿酸の生理的変動はきわめて大きく、前回値と比較して0.7~2.0mg/dLにも及ぶ差がみられることがあるので注意が必要である。また、腎や尿路において尿中に溶解している有機・無機塩類が析出すると尿路結石を生じ、特に尿の酸性化により尿酸塩として析出する。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.