BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アミノ酸分析

生化学

検査項目名称 アミノ酸分析
コード 00551
統一コード 3C045-0000-022-204
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.9
B-7 S-1 (2か月)
採取条件・提出条件 / 備考 採血後速やかに血漿分離してください。
所要日数 4~11
検査方法 HPLC法
基準値 補足情報参照
実施料 / 判断料 1212 判生Ⅱ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■フェニルケトン尿症(フェニルアラニン) ■チロシン症(チロシン、その他アミノ酸) ■メープルシロップ尿症(ロイシン、イソロイシン、バリン) ■ホモシスチン尿症(ホモシスチン) ■高ヒスチジン尿症(ヒスチジン) ■高プロリン血症(プロリン、ヒドロキシプロリン、グリシン) ■サルコシン血症(サルコシン) ■高リジン血症(リジン) ■トリプトファン尿症(トリプトファン) ■高アンモニア血症Ⅰ型(グリシン) ■高アンモニア血症Ⅱ型(グリシン、グルタミン酸) ■シトルリン尿症(シトルリン) ■アルギニノコハク酸尿症(アルギニノコハク酸) ■アルギニン尿症(アルギニン) ■シスチン尿症(シスチン、リジン、アルギニン、オルチニン) ■リジン尿症(リジン、アルギニン、オルチニン) ■プロリン尿症(プロリン、グリシン) ■Hartnup病(グリシン、イミノ酸を除く中性アミノ酸) ■Fanconi症候群(すべてのアミノ酸) ■Lowe症候群(すべてのアミノ酸)

低値
解説 ヒト生体内のアミノ酸には40種余りが知られ、 蛋白合成、 核酸、塩基、神経伝達物質、ホルモン等の生合成の材料、エネルギー源、 蛋白異化過程の中間代謝産物として機能している。
 アミノ酸分析は、先天的アミノ酸代謝異常症の診断、肝機能不全の重症度判定や治療の指標、栄養状態不良の患者の病態把握などに有用である。
先天性アミノ酸代謝異常症:尿中アミノ酸排泄量は血漿アミノ酸濃度に依存するので、尿、血漿両アミノ酸の分析が必要で、場合によっては髄液も検査対象になる。
肝性昏睡:肝硬変による肝性昏睡の場合、血中の分枝鎖アミノ酸(バリン、イソロイシン、ロイシンの和)と、芳香族アミノ酸(チロシンとフェニルアラニンの和)の比、すなわちFisher比の低下がみられる。
血漿中アミノ酸濃度は食事の影響を受けるため、採血は早朝空腹時に行なう。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.