BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)

生化学

検査項目名称 1,5-アンヒドログルシトール
(1,5-AG)
コード 00546
統一コード 3D085-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 比色法
基準値 14.0以上
μg/mL
実施料 / 判断料 80 判生Ⅰ ※

BML Information

PDFダウンロード

容器画像

コンペンジウム

高値
低値 ■糖尿病 ■腎性糖尿病
解説 1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)
1,5-AGはポリオール(グルコース誘導体)の一種で、グルコースの1位が還元された構造を有するため1-デオキシグルコースともいう。
1,5-AGはHbA1c、血清フルクトサミンと同様に、食事や、短時間のインスリンの影響を受けず、生理的機能は不明であるが、HbA1c、血清フルクトサミンに次ぐ糖尿病の第3のマーカーとして注目されている。
1,5-AGは尿糖排泄時に容易に尿中に失われ、血中濃度も速やかに低下するため、糖代謝の悪化に伴って急速に低下し、ときにはまったく検出されないようになる。しかし糖代謝改善に伴って、HbA1cの減少にやや遅れて緩徐な増加を示すので、糖尿病の管理、治療の指標として有用と考えられている。

ページトップへ戻る

補足情報

HbA1c、グリコアルブミン又は1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5AG)のうちいずれかを同一月中に合わせて2回以上実施した場合は、月1回に限り主たるもののみ算定する。ただし、妊娠中の患者、1型糖尿病患者、経口血糖降下薬の投与を開始して6月以内の患者、インスリン治療を開始して6月以内の患者等については、いずれか1項目を月1回に限り別に算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.