BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > リン脂質(PL)

生化学

検査項目名称 リン脂質
(PL)
コード 00464
統一コード 3F025-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1 (1か月)
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 酵素法
基準値 150~250
mg/dL
実施料 / 判断料 15 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性肝炎初期 ■原発性胆汁性肝硬変 ■閉塞性黄疸 ■Ⅱa、Ⅱb、Ⅲ、Ⅳ型高リポ蛋白血症 ■ネフローゼ症候群 ■薬剤性肝障害 ■アルコール性肝障害
低値 ■劇症肝炎 ■甲状腺機能亢進症 ■Tangier病
解説 リン脂質は、アルコールと脂肪酸に加えてリン酸残基を含む脂質である。生体内の主な成分は、レシチン(フォスファチジルコリン)、リゾレシチン、スフィンゴミエリンで、その他に、フォスファチジルエタノールアミン、フォスファチジルセリン等が存在し、血中・組織ともにレシチンが最も多く含まれる。
リン脂質の大部分は、脂質と蛋白の複合体であるリポ蛋白の構成要素として、血中での脂質の安定化と代謝に重要な役割を果たしており、生体膜の構成成分としての機能もある。
血中リン脂質の値はほぼコレステロール値と同様の変動を示し、その比もほぼ1:1であり、臨床的意義は総コレステロールの場合とほぼ同じである。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.