BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > HDL-コレステロール(HDL-C)

生化学

検査項目名称 HDL-コレステロール
(HDL-C)
コード 00460
統一コード 3F070-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1 又は (1週)
採取条件・提出条件 / 備考 補足情報参照
所要日数 1~2
検査方法 酵素法(直接法)
基準値 M:40~80F:40~90
mg/dL
実施料 / 判断料 17 判生Ⅰ ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■長寿症候群 ■原発性胆汁性肝硬変 ■アルコール中毒 ■経口避妊薬
低値 ■急性肝炎初期 ■肝硬変 ■原発性肝癌 ■悪性疾患(とくに血液疾患)の末期 ■甲状腺機能亢進症 ■LCAT欠損症
解説 脂質はリポ蛋白質として血中を運搬され、リポ蛋白質はその比重により、軽い方から、カイロミクロン、VLDL(very low density lipoprotein)、LDL(low density lipoprotein)、HDL(High density lipoprotein)に分類される。リボ蛋白質は蛋白質(アポ蛋白)、トリグリセライド、リン脂質、コレステロールから成り、HDLコレステロールは、HDL中のコレステロール量である。
肝臓から末梢へのコレステロール供給はLDLコレステロールの形で運ばれ、末梢から肝への転送はHDLコレステロールの形で行われる。
HDLコレステロールは、抗動脈硬化作用を有し、その量と冠動脈硬化性心疾患の発症率とは負の相関があるので、一般に善玉コレステロールと呼ばれている。一方、低HDLコレステロール血症や高LDLコレステロール血症は冠動脈硬化性心疾患の危険因子とされている。
日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」では「高脂血症」という疾患名を「脂質異常症」に変更しており、脂質異常症の診断基準ではHDLコレステロール 40mg/dL未満を低HDLコレステロール血症としている。

ページトップへ戻る

補足情報



総コレステロールLDL-コレステロール及びHDL-コレステロールを併せて測定した場合は、主たるもの2つの所定点数を算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.