BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 遊離コレステロール(F-Cho)

生化学

検査項目名称 遊離コレステロール
(F-Cho)
コード 00552
統一コード 3F065-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 酵素法
基準値 25~60
mg/dL
実施料 / 判断料 11 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 エステル比高値
■Wolman病(エステル型コレステロール蓄積症)
低値 エステル比低値
■肝障害 ■ネフローゼ症候群■慢性炎症性疾患 ■栄養障害 ■家族性LCAT欠損症
解説 遊離コレステロール(FC:free cholesterol)は、LCAT(lecithin cholesterol acyltransferase)という酵素によってエステル型コレステロール(EC:esterified cholrsterol)に転換される。遊離コレステロール(FC)とエステル型コレステロール(EC)を加算したものが総コレステロール(TC:total cholesterol)である。ECは直接測定できないので、TCとFCを測定してその差(TC-FC)をECとし、そしてEC/TC×100(%)をもってエステル比とする。
LCATは肝でのみ生合成される酵素であるため、肝障害が重症になるとECの量が減少し、したがってエステル比が減少する。エステル比の測定は、肝機能低下の重症度の指標としてきわめて有用な検査である。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.