BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 脂肪酸4分画

生化学

検査項目名称 脂肪酸4分画
コード 05994
統一コード 3F040-0000-022-202
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.5 又は 血清 0.5
B-6 S-1
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 空腹時に採血してください。
所要日数 4~6
検査方法 GC法
基準値 補足情報参照
実施料 / 判断料 417 判生Ⅱ

容器画像

コンペンジウム

高値 n-6系:■血栓性疾患
n-3系:■出血性疾患

低値
解説 脂肪酸とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸であり、一般式 CnHmCOOH で表せる。ヒト体内では、脂肪酸シンターゼによってアセチルCoAとマロニルCoAから直鎖の飽和脂肪酸が作られ、順次アセチルCoAが追加合成されるので、原則脂肪酸は偶数個の炭素原子をもつ脂肪酸が存在する。
このうち、パルミチン酸(C16:0、炭素16分子に不飽和結合が0個)やステアリン酸(C18:0)などの飽和脂肪酸は体内で合成されるが、リノール酸(C16:2)やα-リノレン酸(C16:3)などのn-3系(最初の二重結合が3の位置)の多価不飽和脂肪酸(PUFA:polyunsaturated fatty acid)は体内で合成できないため、食物より摂取する必要があり、必須脂肪酸と呼ばれる。
必須脂肪酸は、リノール酸を代表とするn-6系(ジホモ-γ-リノレン酸:DHLA、アラキドン酸:AA)と、α-リノレン酸を代表とするn-3系(エイコサペンタエン酸:EPA、ドコサヘキサエン酸:DHA)に大別できる。特に魚脂中に含まれるn-3系のEPA やDHA は抗血栓、抗動脈硬化作用のあることが判明している。凝固及び凝固抑制作用に関連しているn-6系及びn-3系の脂肪酸は、血栓性疾患ではn-6系が高値を示し、出血性疾患ではn-3系が高値を示す。EPA とAA の比(EPA/AA)は、多価不飽和脂肪酸のバランスを知るのに有用である。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.