BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > CK-MB/CLIA

生化学

検査項目名称 CK-MB/CLIA
コード 07985
統一コード 3B015-0000-023-051
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.6
B-1 S-1 (4日)
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 CLIA法
基準値 7.5以下
ng/mL
実施料 / 判断料 90 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性心筋梗塞 ■心手術後 ■多発性筋炎(皮膚筋炎) ■進行性筋ジストロフィー(とくにデュシェンヌ型) ■甲状腺機能低下症 ■心筋炎 ■心内膜炎 ■狭心症 ■脳血管障害 ■アルコール中毒 ■激しい運動後
低値
解説 クレアチンキナーゼ(CK)は、クレアチンリン酸とADPからクレアチンとATPを生成する酵素である。
B(brain)とM(muscle)と命名された2種類のサブユニットから成る二量体(ダイマー)から成るため、BB型、MB型、MM型の3種類のアイソザイムが存在すし、正常血清のほとんどすべてはMM型から成っている。
本検査の目的は、主として急性心筋梗塞(AMI)、心筋炎、開心術、心房細動、粘液水腫、
デュシェンヌ型進行性筋ジストロフィーなど、原発性ないし併発性障害で出現する心筋
由来のMB型の検出にある。特にAMIのときは発症3~4時間後にMB型が上昇しはじめ、3~4日後に血中から消失していく。このMB型の証明は、ECG所見よりもAMIに特異的である。
BB型の明らかな増加は全身麻酔後の悪性過高熱、ある種の悪性腫瘍で見られることがあるが、稀である。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.