BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アルドラーゼ(ALD)

生化学

検査項目名称 アルドラーゼ
(ALD)
コード 00499
統一コード 3B100-0000-023-272
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 UV法
基準値 2.7~7.5
U/L(37℃)
実施料 / 判断料 11 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■各種肝胆道疾患 ■各種癌 ■AML ■急性心筋梗塞症 ■進行性筋ジストロフィー ■多発性筋炎
低値
解説 アルドラーゼはフルクトース1,6-2リン酸(FDP)をD-グリセルアルデヒド3-リン酸(GAP)とジヒドロキシアセトンリン酸(DHAP)に可逆的に分解する解糖系酵素である。生体内に広く分布し、A、B、C三種類のアイソザイムが知られているが、臓器特異性に乏しい。細胞の破壊や壊死、代謝障害などで血中に逸脱し、癌患者血清で増加するので、一種の腫瘍マーカーということができるが、その他各種疾患、とくに急性心筋梗塞、骨格筋疾患などで増加してくる。
過激な運動後は、筋肉からの逸脱により高値となることがある。また、赤血球内には多量のアルドラーゼが含まれているため、溶血検体では高値となるため注意が必要。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.