BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ADA(アデノシンデアミナーゼ)

生化学

検査項目名称 ADA
(アデノシンデアミナーゼ)
コード 01898
統一コード 3B130-0000-042-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
胸水 0.5
S-1 (1週)
採取条件・提出条件 / 備考 (参考)
結核性胸膜炎症例   50.4~154.6 
肺癌症例        10.9~36.1 
心不全等上記以外の症例  3.2~8.8 
 (単位:U/L)
所要日数 2~3
検査方法 酵素法
基準値 U/L
実施料 / 判断料 32 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■結核性胸膜炎 ■癌性胸膜炎
低値
解説 アデノシンデアミナーゼは、プリン体代謝産物であるアデノシンを、イノシンとアンモニアに加水分解する酵素である。高等動物や微生物、癌細胞など生体内に広く分布している。胸水でのADAの測定は、結核性胸膜炎や癌性胸膜炎では高く、一方良性の場合は低いので、両者の鑑別に用いられる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.