BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > P型アミラーゼ(アミラーゼアイソザイム(膵型))

生化学

検査項目名称 P型アミラーゼ
(アミラーゼアイソザイム(膵型))
コード 00802
統一コード 3B175-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 免疫阻害法
基準値 17~50
U/L
実施料 / 判断料 48 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性膵炎 ■慢性膵炎 ■胆道系疾患
低値
解説 血清ならびに尿中には、P(膵型)型と、S(唾液腺型)型の2種類のアイソザイムが存在する。急性膵炎ならびに慢性活動性膵炎ではP型が著増してくる。これに対し、膵疾患以外の高アミラーゼ血症の場合はほとんどS型アミラーゼの増加である。ある種の悪性腫瘍(たとえば肺小細胞癌、あるいは卵巣癌)では異所性にアミラーゼを産生するが、この場合もS型アミラーゼの上昇による。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.