BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > リパーゼ

生化学

検査項目名称 リパーゼ
コード 00502
統一コード 3B180-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1 (1週)
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 酵素法
基準値 17~57
U/L(37℃)
実施料 / 判断料 24 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性膵炎 ■膵嚢胞症(偽性も含む) ■慢性膵炎 ■胆石症(有黄疸) ■開腹術後
低値
解説 リパーゼ(膵リパーゼ)は、トリグリセライドのα位脂肪酸エステルの加水分解を行なう消化酵素で、脂肪の分解を担っている。膵腺房細胞で合成される分子量約4万5千の糖蛋白であり、血中ではそのほとんどが膵由来である。アミラーゼよりも膵特異性に優れ、急性膵炎では95~100%の頻度で異常高値を示すのに対してアミラーゼの陽性率は65~95%である。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.