BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ビタミンE分画(トコフェロール同族体分画)

生化学

検査項目名称 ビタミンE分画
(トコフェロール同族体分画)
コード 00694
統一コード 3G085-0000-023-204
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 3~18
検査方法 HPLC法
基準値 α 4.90~13.80β 0.06~0.28γ 0.10~2.40δ 0.14以下
μg/mL
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■ビタミンE剤過剰投与 ■高脂血症   ■妊婦
低値 ■胆汁うっ帯を伴う脂肪吸収障害症 ■先天性胆道閉鎖症 ■未熟児・新生児栄養失調症
解説 ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれる脂溶性ビタミンで、4種類(α-, β-, γ-, δ-)が存在する。食餌由来では主にα、γ-トコフェロールが胆汁酸とともに腸管から吸収され、カイロミクロンに溶け込む形で肝臓まで運ばれ、肝臓内ではα型のみがα-トコフェロール輸送蛋白(α-TTP)によってVLDL(超低比重リポ蛋白)とともに優先的に血中へ放出されるため、α型が最も生物活性が高い。ビタミンEの主な作用は、抗酸化作用を有し脂質の酸化ならびにビタミンAの酸化を防止する事や、生体膜安定化作用、肝、骨格筋の機能維持である。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.