BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 無機リン(IP)

生化学

検査項目名称 無機リン(IP)
コード 00429
統一コード 3H040-0000-023-271
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1 (1週)
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 酵素法
基準値 2.5~4.5
mg/dL
実施料 / 判断料 17 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■原発性副甲状腺機能低下症 ■慢性腎不全 ■Vitamin D中毒
低値 ■原発性副甲状腺機能亢進症 ■Vitamin D欠乏
解説 生体内に含まれるリン(P)の量は体重の1%といわれ、体重70Kgの成人で700gである。血中では0.3%に過ぎない。大部分は骨や軟部組織に存在し、骨細胞外液中に存在するリンは全体の1%以下である。リンは無機リンと有機リンに分別され、血中では約70%が有機リンであり、有機リンのほとんどがリン脂質として存在する。
血中、尿中のリンとカルシウムのバランスは副甲状腺ホルモン(PTH)や活性型ビタミンDによって調節されており、無機リンの測定はカルシウムと共に内分泌・骨代謝異常を調べる目的で行われる。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.