BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アセトン

生化学

検査項目名称 アセトン
コード 01061
統一コード 3E060-0000-001-202
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 3.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 作業終了時の尿
所要日数 5~18
検査方法 GC法
基準値 2.3以下
mg/L
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■アセトンの曝露
低値
解説 アセトンは有機溶剤としてシンナーや接着剤などに広く使用されており、低毒性ではあるが高濃度では麻酔作用があり粘膜刺激作用も強く長期間の接触では皮膚傷害を引き起こす。アセトンの中間材料であるイソプロパノール(IPA)も体内での代謝でアセトンになるため、アセトン作業者のほかにイソプロピルアルコール取扱い作業者もアセトンの検査により曝露の有無を確認する必要がある。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.