BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アミオダロン(アミオダロン塩酸塩)

薬剤

検査項目名称 アミオダロン
(アミオダロン塩酸塩)
コード 06463
統一コード 3L800-0000-022-210
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3
B-6 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 販売名 アミオダロン、アンカロンアミオダロン及び主代謝物であるモノデスエチルアミオダロンの各定量値をご報告いたします
所要日数 3~5
検査方法 LC-MS/MS法
基準値 ng/mL
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 アミオダロンは不整脈用剤の一つで、他の不整脈用剤が無効または副作用により使用できない場合の心室細動、心室性頻拍、肥大性心筋症に伴う心房細動に使用される。
アミオダロンは副作用発現頻度が高く、血中半減期も長い(19~53日)ことから、アミオダロンとその代謝物(デスエチルアミオダロン)の血中濃度モニタリングなどにより慎重な治療管理が行われる。
副作用としては、間質性肺炎、肺繊維症、不整脈、除脈、肝機能障害、甲状腺機能異常、角膜色素沈着などがある。

ページトップへ戻る

補足情報

★は特定薬剤治療管理料1です。下表参照



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.