BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > カルバマゼピン

薬剤

検査項目名称
カルバマゼピン
コード 00666
統一コード 3L115-0000-023-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-3 S-1 (1週)
採取条件・提出条件 / 備考 販売名テグレトール、カルバマゼピン
所要日数 1~2
検査方法 ラテックス凝集比濁法
基準値 治療有効濃度 4.0~12.0(成人) 4.0~10.0(小児)
μg/mL
実施料 / 判断料

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 カルバマゼピンは抗てんかん剤の1つである。抗てんかん剤の半減期は1回投与時と反復投与時とでは異なり、一般に1回投与時のほうが長い。採血は、次回投与前に行う。
フェニトイン(PHT)とフェノバルビタール(PB)を併用した場合、PHTの血中濃度が低下してくることが多い。カルバマゼピン(CBZ)、バルプロ酸、ジアゼパム、クロナゼパムなどの併用でも血中PHT濃度が減少する。
PBとバルプロ酸、スルチアム、クロラムフェニコール、アセタゾールアミドなどの併用で、PBの血中濃度が上昇し、またPHTとの併用でも上昇することがある。しかしCBZの併用では、逆にPBの濃度が減少することが多い。

ページトップへ戻る

補足情報


★は特定薬剤治療管理料1です。下表参照


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.