BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > メタネフリン分画

内分泌学

検査項目名称 メタネフリン分画
コード 00184
統一コード 4E040-0000-004-210
検体必要量(mL)容器 / 保存
酸性 尿 2.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 6N塩酸20mLを入れた容器に蓄尿(24H)。蓄尿量を記入し、必要量を提出。予め尿量が少ない(400mL未満)と予想される場合100mLに対して6N塩酸を1.5mLの割合でいれる。pH3.0以下に保持。HVA・VMAはクレアチニン換算データも同時に報告します。
所要日数 4~5
検査方法 LC-MS/MS法
基準値 メタネフリン
0.04~0.18
ノルメタネフリン
0.10~0.28
mg/day
実施料 / 判断料 227 判生Ⅱ

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■褐色細胞腫 ■神経節芽細胞腫
低値 ■起立性低血圧症 ■シャイ・ドレーガー症候群
解説 メタネフリン分画はカテコールアミンの代謝産物で、アドレナリン(A)はメタネフリン(MN)となり、ノルアドレナリン(NA)はノルメタネフリン(NMN)となって尿中に排泄される。また、MNやNMNはさらに代謝されてバニールマンデル酸(VMA)となる。
カテコールアミンはチロシンを原料として生成されるドーパを基に生成されるアドレナリン(A)、ノルアドレナリン(NA)、ドーパミン(DA)の総称で、主に副腎髄質や交感神経で産生され、NAは血管平滑筋の収縮、Aは心収縮、血管拡張、消化器系平滑筋の弛緩などに働くが、血中濃度は種々のストレス等に鋭敏に反応して速やかに変動するので、産生動態を把握するのが困難である。
尿中メタネフリン分画の測定は、カテコールアミンの産生量とバランスを知るのに役立つ。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.