BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > VMA(バニールマンデル酸,バニリルマンデル酸)

内分泌学

検査項目名称 VMA
(バニールマンデル酸,バニリルマンデル酸)
コード 00186
統一コード 4E060-0000-004-210
検体必要量(mL)容器 / 保存
酸性 尿 2.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 6N塩酸20mLを入れた容器に蓄尿(24H)。蓄尿量を記入し、必要量を提出。予め尿量が少ない(400mL未満)と予想される場合100mLに対して6N塩酸を1.5mLの割合でいれる。pH3.0以下に保持。HVA・VMAはクレアチニン換算データも同時に報告します。
所要日数 3~4
検査方法 LC-MS/MS法
基準値 蓄尿1.50~4.90 mg/day 随時尿2.10~5.00
mg/g・Cre
実施料 / 判断料 90 判生Ⅱ

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■神経節芽細胞腫 ■褐色細胞腫
低値 ■シャイ・ドレーガー症候群 ■多系統萎縮症
解説 バニールマンデル酸(VMA)は、カテコールアミンのアドレナリン(A)、ノルアドレナリン(NA)、その代謝物であるメタネフリン(MN)、ノルメタネフリン(NMN)の代謝産物である。
カテコールアミンはチロシンを原料として生成されるドーパを基に合成されるモノアミンで、副腎髄質ならびに交感神経より分泌されるアドレナリン(A)、ノルアドレナリン(NA)、ドーパミン(DA)の総称である。これらは代謝されて尿中排泄されるが、VMAもその一つである。
尿中VMA測定によりカテコールアミン(AおよびNA)の産生量を知ることができる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.