BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > セロトニン(5-HT)

内分泌学

検査項目名称 セロトニン
(5-HT)
コード 00638
統一コード 4E065-0000-019-204
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 1.1 (EDTA2K加血)
B-35
採取条件・提出条件 / 備考 全血のまま凍結してください。
所要日数 5~11
検査方法 HPLC法
基準値 81.0~262.0
ng/mL
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■カルチノイド症候群 ■ダンピング症候群
低値 ■パーキンソン症候群 ■フェニルケトン尿症  
解説 セロトニンはトリプトファンを原料として生成される物質で、5-ヒドロキシトリプタミン(5-HT)ともいう。90%以上は消化管のエンテロクロマフィン(EC)細胞に存在し、残りの大半が血小板にある。
セロトニンは血管や平滑筋の収縮、血小板凝集促進などに働き、代謝されて5-HIAAとして尿中に排泄される。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.