BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > エストラジオール(E2)

内分泌学

検査項目名称 エストラジオール
(E2)
コード 00642
統一コード 4F025-0000-023-051
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.7
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 薬剤フルベストラントを投与している場合は、高値の可能性があります。
所要日数 1~3
検査方法 CLIA法
基準値 補足情報参照
実施料 / 判断料 182 判生Ⅱ

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■エストロゲン産生腫瘍 ■思春期早発症 ■先天性副腎過形成
低値 ■卵巣機能低下症 ■ターナー症候群 ■早発閉経 ■胎盤機能不全症
解説 エストロゲンは卵胞ホルモンと総称される性ステロイドホルモンで、エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)などが知られている。
E2は女性では主として卵巣、胎盤などで産生され、アンドロステンジオンから転換されるE1またはテストステロンから生成される、男性では副腎、精巣由来のアンドロステンジオンやテストステロンから生成される。
エストロゲンの中で最も強い卵胞ホルモン作用を持つ物質で、女性の二次性徴に働き、卵巣機能調節、卵胞発育、子宮内膜増殖などの作用を示す。

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.