BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > オステオカルシン(OC;BGP)

内分泌学

検査項目名称 オステオカルシン
(OC;BGP)
コード 07969
統一コード 4Z280-0000-023-053
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 溶血は低値の影響があります。
ビオチンを投与している患者(1日の投与量5mg以上)からの採血は、投与後、少なくとも8時間以上経過してから実施してください。
所要日数 3~5
検査方法 ECLIA法
基準値 M:     8.4~33.1 
F: 閉経前  7.8~30.8 
  閉経後  14.2~54.8 
ng/mL
実施料 / 判断料 165 判生Ⅱ ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

オステオカルシン(OC) 続発性副甲状腺機能亢進症の手術適応の決定及び原発性又は続発性の副甲状腺機能亢進症による副甲状腺(上皮小体)腺腫過形成手術後の治療効果判定に際して実施した場合のみ算定できる。1型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTX),デオキシピリジノリン(尿)、酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRACP-5b)を併せて実施した場合は、いずれか1つのみ算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.