BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > トランスサイレチン(プレアルブミン)

免疫学

検査項目名称 トランスサイレチン(プレアルブミン)
コード 00877
統一コード 5C010-0000-023-063
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1 (1週)
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 ネフェロメトリー法
基準値 22.0~40.0
mg/dL
実施料 / 判断料 107 判免

容器画像

コンペンジウム

高値 ■炎症性疾患 ■甲状腺機能亢進症 ■ネフローゼ症候群
低値 ■急性肝炎 ■慢性肝炎 ■非代償性肝硬変
解説 トランスサイレチンは甲状腺ホルモンであるサイロキシン(T4)やレチノール(ビタミンA)の輸送担体として働くことに由来する名称であるが、血清蛋白の電気泳動法でアルブミンの前(陽極側)に出現してくるのでプレアルブミン(prealbumin)とも呼ばれてきた。
血中トランスサイレチンは肝で生成される分子量約55kDの蛋白で、血中半減期が約1.9日と短いため、肝の蛋白合成能や栄養状態を短時間で反映する栄養アセスメントの指標として利用される。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.