BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > フェリチン定量

免疫学

検査項目名称 フェリチン定量
コード 00891
統一コード 5C095-0000-023-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.5
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 ラテックス凝集法
基準値 M:21.0~282.0F: 5.0~157.0
ng/mL
実施料 / 判断料 108 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■ヘモクロマトーシス ■ヘモジデリン沈着症 ■再生不良性貧血 ■急性骨髄性白血病 ■急性肝炎
低値 ■鉄欠乏性貧血 
解説 フェリチンは、鉄を組織内に貯蔵する働きを持つ可溶性の組織蛋白である。心型(H型)と肝型(L型)のサブユニットが24個集まって分子形成しており、トランスフェリンに結合している鉄を受け取り、組織鉄として取り込む。
フェリチンは肝臓、脾臓、胎盤などをはじめ、体内の組織に広く存在しているが、血清中にも微量存在し、血清中のフェリチン濃度は体内の貯蔵鉄量を反映するとされる。すなわち、血清フェリチン濃度の低下は貯蔵鉄の減少が、増加は貯蔵鉄の増加が考えられる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.