BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > β2-マイクログロブリン(β2MG)

免疫学

検査項目名称 β2-マイクログロブリン
2MG)
コード 11240
統一コード 5C065-0000-001-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 1.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考 補足情報参照
所要日数 2~3
検査方法 ラテックス凝集法
基準値 289以下
μg/L
実施料 / 判断料 107 判免

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

補足情報

◆β2-マイクログロブリン(備考)β2-マイクログロブリン(尿)はpH5.5以下では不安定で容易に分解されます。pH5.5~7.5であることを確認の上、冷蔵にて保存ください。pH調整ができない場合は、直ちに凍結にて保存してください。pH5.5以下の時は希アンモニア水又は希苛性ソーダ溶液でpH6~8に調整してください。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.