BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 高感度心筋トロポニンT

免疫学

検査項目名称 高感度
心筋トロポニンT
コード 06388
統一コード 5C093-0000-023-053
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.7 又は 血漿 0.7
B-1 S-1
B-7 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 溶血の影響は低値傾向になります。
ビオチンを投与している患者(1日の投与量5mg以上)からの採血は、投与後、少なくとも8時間以上経過してから実施してください。
所要日数 2~3
検査方法 ECLIA法
基準値 0.014以下
ng/mL
実施料 / 判断料 115 判生Ⅰ ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性心筋梗塞 ■心筋炎 ■急性冠症候群 ■慢性心不全
低値
解説 心筋トロポニンTは心筋細胞においてフィラメントを構成するトロポニン複合体の成分の一つで、分子量約37kDの蛋白である。トロポニン複合体を構成するサブユニットには3種(トロポニンT,I,C)あり、心筋の収縮に関与している。
心筋トロポニンTは心筋の損傷を反映して血中に流出するので、急性心筋梗塞の診断補助マーカーとして重視されており、急性心筋梗塞発症3時間後には判定基準を超え、約2週間は高値として検出されるといわれている。
高感度測定により、健常人値からの数値上昇が把握できるようになったので、急性心筋梗塞発症のリスク管理等への可能性も示唆されている。

ページトップへ戻る

補足情報

●高感度心筋トロポニンT (備考)急性心筋梗塞診断のカットオフ値:0.100ng/mL
心筋トロポニンT(TnT)定量 心筋トロポニンIを同一月に併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.