BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ミオシン軽鎖1

免疫学

検査項目名称 ミオシン軽鎖1
コード 00876
統一コード 5C092-0000-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~4
検査方法 EIA法
基準値 2.5以下
ng/mL
実施料 / 判断料 184 判生Ⅰ ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性心筋梗塞 ■心筋炎 ■筋ジストロフィー ■腎不全
低値
解説 心筋ミオシン軽鎖Ⅰは、心筋細胞内に存在する筋原線維のフィラメントを構成する収縮蛋白ミオシンの重鎖(2本)の頭部に結合している軽鎖(4本)のうちの分子量の大きいペプチド鎖(2本)で、分子量は27kDの蛋白である。筋原線維の崩壊によりミオシン分子から解離して細胞外に逸脱し、血中に流出される。
血中の心筋ミオシン軽鎖Ⅰは心筋細胞障害を直接反映する指標となり、かつ障害の程度と大きさを推定できる。
急性心筋梗塞においては心筋ミオシン軽鎖Ⅰは早期に血中に出現し、その後約1週間以上高値を維持するので、クレアチンキナーゼ(CK)値やミオグロビン値などが正常化した症例でも検出する可能性があり、診断補助に有用と考えられる。

ページトップへ戻る

補足情報

心室筋ミオシン軽鎖1 同一日に2回以上行った場合は、1回のみ算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.