BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ミオグロビン定量-尿

免疫学

検査項目名称 ミオグロビン定量-尿
コード 00985
統一コード 5C090-0000-001-001
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 8.0
U-4 (5日)
採取条件・提出条件 / 備考 専用容器でご提出ください。
所要日数 2~3
検査方法 RIA・2抗体法
基準値 10.0以下
ng/mL
実施料 / 判断料 139 判生Ⅰ

容器画像

コンペンジウム

高値 ■急性心筋梗塞 ■進行性筋ジストロフィー ■多発性筋炎 ■横紋筋融解症

低値
解説 ミオグロビンは、心筋や骨格筋中に含まれている分子量約17.2kDの低分子ヘム蛋白(モノマー)で、ヘモグロビン(Hb)と同様に酸素に対する結合親和性の強い蛋白である。
ミオグロビンは筋組織の傷害などによって血中に流出するので、急性心筋梗塞や筋ジストロフィーなどで、血中濃度が上昇する。
筋細胞傷害により増加した血中のミオグロビンは、ある閾値を超えると尿中に排泄されるので尿中ミオグロビン測定は血中測定と同意義として利用される。また、着色尿ではヘモグロビン、ポルフィリンとの鑑別する目的で、尿中ミオグロビンが測定される。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.