BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > クリオグロブリン定性

免疫学

検査項目名称 クリオグロブリン定性
コード 00881
統一コード 5A160-0000-023-920
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 2.0
B-1 S-1 (1週)
採取条件・提出条件 / 備考 採血時の注意:採血時から血清分離は37℃保温状態で行ってください。必ずS-1容器で提出してください。
所要日数 3~5
検査方法 寒冷沈殿法
基準値 (-)
実施料 / 判断料 42 判免

容器画像

コンペンジウム

高値 (陽性)
■多発性骨髄腫 ■原発性マクログロブリン血症 ■膠原病(SLE、慢性関節リウマチなど) ■本態性クリオグロブリン血症(基礎疾患がないもの)

低値
解説 クリオグロブリンは、温度依存性蛋白の一つで、4℃前後に冷却すると白濁沈殿し、37℃にすると再び溶解する性質を持つ異常グロブリンである。
M蛋白血症では、単一免疫グロブリンからなる単一型クリオグロブリンであるが、膠原病などの場合は2種類以上の成分を含む混合型クリオグロブリンである。混合型の場合、IgGを抗原とし、その対応自己抗体であるIgMと免疫複合体を形成していることが多い。またClqなどの補体成分やリポ蛋白などを含むクリオグロブリンもある。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.