BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > アトピー鑑別試験(ファディアトープ)

免疫学

検査項目名称
アトピー鑑別試験
(ファディアトープ)
コード 06801
統一コード 5A100-2820-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 単独でのご依頼の場合はチャート報告書は出力されませんのでご了承ください。12種類の吸入性アレルゲンに対する特異的IgEを測定した場合をいう。補足情報参照
所要日数 2~3
検査方法 FEIA法
基準値 (-)
実施料 / 判断料 194 判免

容器画像

コンペンジウム

高値 (陽性)
■気管支喘息 ■アトピー性喘息 ■アトピー性皮膚炎 ■アレルギー性鼻炎 ■花粉症
低値
解説 免疫グロブリンは構造の違いから、Ig-G、Ig-A、Ig-M、Ig-D、Ig-Eの5つのクラスに分けられる。
Ig-Eは主にⅠ型アレルギーに関与し、肥満細胞や好塩基球の表面にあるIgEレセプターと結合したIg-Eに対して各種アレルゲン(抗原)が結合すると、脱顆粒が起こってヒスタミン等の化学伝達物質が放出されてⅠ型(即時型)アレルギーが起こる。
アトピー鑑別試験(ファディアトープ)はアレルゲン特異的Ig-Eを検出するもので、12種類の吸入系アレルゲンを混合した抗原を用いる検査である。
検出されたIg-Eは12種類のアレルゲン[ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ、ネコ皮屑、イヌ皮屑、ぎょうぎしば、かもがや、ぶたくさ、よもぎ、しらかんば(属)、すぎ、カンジダ、アルテルナリア]に反応したものと考えられるが、本検査では反応アレルゲンまで特定することはできない。
スクリーニング検査として用い、陽性時はアトピーを疑い個々のアレルゲン特異的Ig-Eを検査することにより原因特定が可能となる。陰性時は対象アレルゲン以外の可能性が想定される。

ページトップへ戻る

補足情報




ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.