BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > TARC

免疫学

検査項目名称 TARC
コード 07958
統一コード 5J228-0000-023-052
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.4
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 CLEIA法
基準値 小児  6~12か月 1367未満    1~2歳  998未満    2歳以上  743未満 成人  450未満 
pg/mL
実施料 / 判断料 184 判免 ※

BML Information

PDFダウンロード

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■アトピー性皮膚炎
低値
解説 TARC(thymus and activation-regulated chemokine)は、表皮角化細胞などで産生されるケモカインの一種で、皮膚の病変部位などにTh2細胞を遊走させる働きがある。アトピー性皮膚炎ではTARCの作用によって集積したTh2細胞がアレルギー反応(IgE産生、好酸球の浸潤・活性化など)を亢進して、症状を悪化させると考えられている。
血清中のTARC量は、アトピー性皮膚炎において重症度を反映して変動することが示唆されており、皮膚病変の程度と重症度を知る指標として、また、治療効果判定の指標として有用と考えられている。

ページトップへ戻る

補足情報

TARC 月1回に限り算定できる。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.