BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 直接クームステスト

免疫学

検査項目名称
直接クームステスト
コード 00907
統一コード 5H121-0000-018-101
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 1.0
B-4
採取条件・提出条件 / 備考 冷蔵せず室温にてご提出ください。
所要日数 2~3
検査方法 カラム凝集法
基準値 (-)
実施料 / 判断料 34 判免

容器画像

コンペンジウム

高値 【陽性】
■自己免疫性溶血性貧血 ■新生児溶血性貧血 ■薬剤性溶血性貧血 ■輸血副作用

低値
解説 血清中に存在する不完全赤血球抗体を検出する方法をクームステスト(Coombs test)というが、この抗体の本体は免疫グロブリンであり、抗体検出には抗ヒトγ-グロブリン(クームス血清)を使用するので、現在は一般に抗グロブリン試験と呼ばれている。
直接抗グロブリン試験(直接クームステスト)とは、患者赤血球が生体内において不完全抗体で既に感作(吸着)されているか否かを調べる方法である。
本検査では、抗ヒトグロブリン抗体を含むゲルに患者血液(赤血球浮遊液)を入れて遠心し、ゲル内で凝集反応させて判定する。IgGの他、補体成分のC3dやC3dに対する抗体も含んでいるので、一括して検出される。
(単一反応性の抗血清、たとえば抗ヒトIgG抗血清や抗C3d抗血清を使用すると、赤血球膜表面に結合しているものがIgGであるか、あるいは補体であるかを区別して同定することができるが、本検査では対応していない。)

ページトップへ戻る

補足情報


ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.