BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 抗LKM-1抗体(抗肝腎ミクロソーム-1抗体)

免疫学

検査項目名称 抗LKM-1抗体
(抗肝腎ミクロソーム-1抗体)
コード 00829
統一コード 5G555-0000-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 (判定基準)
(-):17.0未満
(±):17.0以上~50.0未満
(+):50.0以上
所要日数 2~5
検査方法 EIA法
基準値 (-)
インデックス値:17.0未満
実施料 / 判断料 221 判免 ※

BML Information

PDFダウンロード

(注)PDFファイルの内容は配信当時の情報です。

容器画像

コンペンジウム

高値 ■自己免疫性肝炎 ■C型慢性肝炎の一部
低値
解説 抗肝腎ミクロソーム抗体(抗LKM-1抗体)は、自己免疫性肝炎(AIH)の診断のために測定される自己抗体である。
免疫蛍光法によって肝臓と腎臓のミクロソームと反応する抗体であることがその名の由来だが、LKMには1~3型があり、AIHで出現する抗LKM抗体は1型(抗LKM-1抗体)のみである。抗LKM-1抗体の対応抗原は、肝細胞膜上に存在する薬物代謝酵素のcytochromeP450(CYP)2D6であり、現在のEIA測定にはCYP2D6リコンビナント蛋白が抗原として用いられている。
AIHの診断は、国際診断スコアと厚労省研究班の診断指針が用いられ、自己抗体陽性所見は診断上の重要項目である。さらに、出現する自己抗体の違いによって一般に1型と2型に病型分類が行われている。1型は抗核抗体(ANA)と抗平滑筋抗体(SMA)のどちらかまたは両者が陽性、2型は抗LKM-1抗体が陽性である。わが国では1型がほとんどを占めるが、ANA、SMA陰性でAIHを疑う場合には抗LKM-1抗体の測定が必要である。2型AIHは、若年例が多く、肝不全への進展率も高いため、早期の診断・治療が重要である。但し、典型的なAIHではなく、急性発症例では自己抗体陰性の場合も多いため注意が必要である。C型慢性肝炎患者の一部において抗LKM-1抗体が低力価陽性となるが、典型的な2型AIHで検出される抗LKM-1抗体は高力価であり、対応抗原CYP2D6の抗原決定基が異なる。

ページトップへ戻る

補足情報

抗LKM-1抗体 ウイルス肝炎、アルコール性肝障害及び薬剤性肝障害のいずれでもないことが確認され、かつ、抗核抗体陰性の自己免疫性肝炎が強く疑われる患者を対象として測定した場合のみ算定できる。
本検査を実施した場合は、診療報酬明細書の摘要欄に抗核抗体陰性を確認した年月日を記載する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.