BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 抗カルジオリピンβ2GP1複合体抗体(抗CL-β2GP1複合体抗体)

免疫学

検査項目名称 抗カルジオリピン
β2GP1複合体抗体
(抗CL-β2GP1複合体抗体)
コード 04347
統一コード 5G504-0000-023-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
血清 0.3
B-1 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 3~5
検査方法 EIA法
基準値 3.5未満
U/mL
実施料 / 判断料 223 判免 ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■抗リン脂質抗体症候群 ■全身性エリテマトーデス
低値
解説 カルジオリピンはウシ心臓由来のリン脂質に対する呼称で、カルジオリピンに対する血中抗体は梅毒などの感染症の他、抗リン脂質抗体症候群(anti phospholipid syndrome;APS)のような自己免疫疾患で検出される。
抗カルジオリピンβ2-GlycoproteinⅠ抗体は抗リン脂質抗体の一つで、カルジオリピンとβ2-GlycoproteinⅠ(β2GPⅠ:分子量50kD)の複合体と反応する自己抗体である。APSで検出される抗体の主な対応抗原はβ2GPⅠとされ、抗カルジオリピン抗体に比べて疾患特異性が高いといわれている。
なお、APSの診断基準(2006年)において、検査所見としては、抗カルジオリピン抗体、抗β2GPⅠ抗体、ループスアンチコアグラントが挙げられている。
APSは、リン脂質抗体に起因する動脈・静脈の血栓症、習慣流産・死産・子宮内胎児死亡、血小板減少症などをみる疾患で、本検査はAPSの診断および経過観察に有用である。

ページトップへ戻る

補足情報

抗リン脂質抗体検査 抗リン脂質抗体症候群の診断を目的として、抗カルジオリピン抗体及び抗β2グリコプロテイン1抗体の測定を行った場合に、一連の治療につき2回に限り算定する。本検査と、抗カルジオリピンβ2グリコプロテイン1複合体抗体および抗カルジオリピン抗体のいずれか2つ以上を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。
抗カルジオリピン抗体(IgG)、抗カルジオリピンIgM抗体、抗β2グリコプロテインⅠ抗体IgG、抗β2グリコプロテインⅠ抗体IgM 抗リン脂質抗体症候群の診断を目的として、ELISA法を用いて測定を行った場合に、各項目について一連の治療につき2回に限り算定する。
なお、抗カルジオリピン抗体(IgG)、抗カルジオリピンIgM抗体、抗β2グリコプロテインⅠ抗体IgG、抗β2グリコプロテインⅠ抗体IgMのいずれかと抗カルジオリピンβ2グリコプロテインⅠ複合体抗体(223点)又は抗リン脂質抗体検査(696点)を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。
なお、抗カルジオリピン抗体(IgG)、抗カルジオリピンIgM抗体、抗β2グリコプロテインI IgG抗体及び抗β2グリコプロテインI IgM抗体の4項目を併せて実施した場合は、主たるもの3つに限り算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.