BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > エンドトキシン定量

感染症・ウイルス

検査項目名称 エンドトキシン定量
コード 04507
統一コード 5E048-0000-019-297
検体必要量(mL)容器 / 保存
血液 2.0
B-25
採取条件・提出条件 / 備考 検体は無菌的に採取し採取容器をご提出ください。必ず指定容器をご使用ください。
所要日数 2~4
検査方法 比濁時間分析法
基準値 1.0以下
pg/mL
実施料 / 判断料 243 判免 ※

容器画像

コンペンジウム

高値 ■グラム陰性桿菌感染症 ■敗血症 
低値
解説 エンドトキシンとは、グラム陰性桿菌の細胞壁構成成分であるリポ多糖体(Lipopolysaccharide: LPS)であり、パイロジェン(発熱性物質)の一種である。このエンドトキシンは、発熱作用、致死毒性、白血球減少、DIC、ショックなどの多彩な生物学的活性を有している。
血中エンドトキシンの測定は、グラム陰性桿菌による敗血症の早期診断、治療効果の判定に有用である。また、DIC、MOF(多臓器障害)、ショックなどの病因解明に重要である。
測定原理は、エンドトキシンがカブトガニの血球抽出物であるリムルス試薬をゲル化させることを利用したものである。

ページトップへ戻る

補足情報

プロカルシトニン(PCT)定量 敗血症(細菌性)を疑う患者を対象として測定した場合に算定できる。ただし、エンドトキシン検査を併せて実施した場合は、主たるもののみ算定する。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.