BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > ノロウイルス抗原(NV抗原)

感染症・ウイルス

検査項目名称 ノロウイルス抗原
(NV抗原)
コード 01218
統一コード 5F630-1410-015-023
検体必要量(mL)容器 / 保存
糞便 1.0g
F-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~5
検査方法 EIA法
基準値 (-)
実施料 / 判断料

容器画像

コンペンジウム

高値 ■ノロウイルス感染症
低値
解説 ノロウイルスは、胃腸炎を起こす原因ウイルスで遺伝子型1型(G1)と遺伝子型Ⅱ型(GⅡ)に分けられ、各遺伝子型には多数の抗原型が存在すると言われている。ヒトへの感染経路は、主に経口感染(食品、糞口)である。潜伏期間は24~48時間で、嘔気、嘔吐、下痢が主症状であり1~2日続く。腹痛、頭痛、発熱、悪寒、筋痛、咽頭痛、倦怠感などを伴うこともある。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もある。患者の便中へのウイルスの排泄は発症とともに始まり約1週間続くため、二次感染が起こりやすく施設内感染、院内感染の例も多く見られる。本法は、EIA法にてノロウイルスを検出するものである。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.