BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 骨髄像

血液学

検査項目名称 骨髄像
コード 00317
統一コード 2A170-0000-049-605
検体必要量(mL)容器 / 保存
骨髄塗抹標本 未固定標本 2~3枚
G
採取条件・提出条件 / 備考 セルブロック用検体も同時にご提出ください。骨髄像特殊染色については各項目の情報をご参照ください。


所要日数 6~9
検査方法 鏡検法
基準値
実施料 / 判断料 837 判血

容器画像

コンペンジウム

高値
低値
解説 血球異常の結果が得られた場合で骨髄における血球産生の異常か否かを鑑別する必要があるときに実施する。
骨髄中の造血幹細胞は分化して、赤血球、白血球、血小板になるなるため、骨髄細胞を末梢血と対比して観察し、造血細胞の量的、質的な異常を判断することで、造血障害と造血器腫瘍の診断や鑑別診断の補助が可能である。
骨髄中の造血有核細胞は、成熟顆粒球とその前駆細胞、赤芽球系細胞、リンパ球、単球、形質細胞および巨核球に分類され、分化段階に応じて形態学的に細分類し、百分率で表す。これら細胞は必ずしも末梢血には出現せず、骨髄に出現する異常造血細胞の同定は造血器疾患の診断に用いられる。
また、造血細胞以外にマクロファージや肥満細胞など非造血細胞の異常も各種疾患の診断および鑑別の補助として用いられる。
<骨髄像所見がとくに有用な疾患>
■急性白血病 ■再生不良性貧血 ■多発性骨髄腫 ■骨髄異形性症候群 ■血小板減少性紫斑病 ■顆粒球減少症 ■赤芽球癆

ページトップへ戻る

補足情報

◆標本の提出方法は下欄をご参照ください。






ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.