BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > Dダイマー

血液学

検査項目名称 Dダイマー
コード 03002
統一コード 2B140-0000-022-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3
B-11 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 ラテックス凝集法
基準値 1.0以下
μg/mL
実施料 / 判断料 137 判血

容器画像

コンペンジウム

高値 ■DIC ■血栓症 ■抗凝固療法時   ■妊娠 ■手術後
低値
解説 D-Dダイマーはフィブリンがプラスミンによって分解される際の分解産物であり、2次性線溶の亢進により増加し DICや血栓症の診断時に有用な検査である。また、抗凝固療法においての経過観察にも用いられる。         FDPとは広義にはfibrin/fibrinogen degradation productsの略であるが、その主要な産物は安定化フィブリンの線溶(二次線溶)によって生ずる分解産物である。これに対し、フィブリノーゲンの線溶(一次線溶)による分解産物をFgDPと略すこともある。
スクリーニングテストとして広く使用されてきたラテックス凝集法によるFDPの測定は、抗D分画抗血清と抗E分画抗血清を用いているので、一次、二次線溶を含めた広義のFDPを測定している。これに対してD分画(Dモノマー+D-Dダイマー)のみ、あるいはD-Dダイマーのみを測定する方法が利用できるようになった。この場合、抗血清や標準物質の差により、基準値が著しく違ってくることに注意する。
FDPとD-Dダイマーの選択DICの基本検査は、フィブリノーゲン、FDP、血小板数、プロトロンビン時間の4項目であるが、1988年、厚生省のDIC診断基準が改定され、診断のための補助的検査として可溶性フィブリンモノマー、D-Dダイマー、TAT(トロンビン・アンチトロンビンⅢ複合体)、プラスミン・α2-プラスミンインヒビター複合体の4項目が追加された。基本検査などによってDICが疑われるときには、この4つの検査を施行することが大切である。

ページトップへ戻る

補足情報

◆血液学的検査の血漿材料(B-11容器使用)は、全てクエン酸Na血漿です。
◆採血方法は下欄をご参照ください。



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.