BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > プラスミン・プラスミンインヒビター複合体(PIC)

血液学

検査項目名称 プラスミン・プラスミンインヒビター複合体
(PIC)
コード 02289
統一コード 2B280-0000-022-062
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3
B-11 S-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 2~3
検査方法 ラテックス凝集法
基準値 0.8以下
μg/mL
実施料 / 判断料 162 判血

容器画像

コンペンジウム

高値 ■DIC ■肝疾患(とくに肝硬変)

低値
解説 PICは線溶系の活性亢進を示す分子マ-カ-である。
プラスミン・α2-プラスミンインヒビター複合体とは生体では凝固系と線溶系がバランスをとりながら血栓-止血機構が調節されている。凝固系の中心がトロンビンであるならば、線溶系の中心はプラスミンである。しかしプラスミンの血中半減期は僅か0.1秒であるので、このプラスミンを直接測定することができない。プラスミンはα2-プラスミンインヒビター(α2PI)と結合してプラスミン・α2PI複合体となって不活性化されるためであるが、幸いこの複合体の血中半減期が約6時間であり、したがってこれを指標とすることによって線溶系の亢進状態を推測することができる。ただしプラスミン・α2PI複合体の増加は、一次線溶ならびに二次線溶を反映するので、この鑑別にはD-DダイマーやTAT測定などの併用が必要である。

ページトップへ戻る

補足情報

◆血液学的検査の血漿材料(B-11容器使用)は、全てクエン酸Na血漿です。
◆採血方法は下欄をご参照ください。



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.