BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > 第ⅩⅠ因子凝固活性(F11)

血液学

検査項目名称 第ⅩⅠ因子凝固活性
(F11)
コード 00373
統一コード 2B420-0000-022-311
検体必要量(mL)容器 / 保存
血漿 0.3
B-11 S-1
採取条件・提出条件 / 備考 凝固因子活性項目の共用は可能です。

所要日数 2~5
検査方法 ヒト欠乏血漿による補正法
基準値 75.0~137.0
%
実施料 / 判断料 223 判血

容器画像

コンペンジウム

高値 ■経口避妊薬投与時
低値 ■先天性第XI因子欠乏症(血友病C)および保因者 ■DIC ■肝硬変
解説 第XI因子は血中で高分子キニノーゲン(Fitzgerald因子)と1:1の複合体を形成しており、この複合体が血管内皮下組織のコラーゲンなどと接触することで部分的に活性化された第XⅡ因子(XⅡa)とさらに結合することにより、以後急激な第XⅡ因子の活性化が進行し、内因性凝固系のカスケード的反応が進行する。このように第XI因子は、凝固接触因子といえる。

ページトップへ戻る

補足情報

◆血液学的検査の血漿材料について
B-11容器使用は、全てクエン酸Na血漿です。
保存安定性については-20℃で2週間、-70℃以下で6か月とし、PT、APTTについては、-70℃で12か月となります。(CLSIガイドライン H21-A5)
採血方法は下欄をご参照ください。



ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.