BMLロゴ

お問い合わせ

MENU

ホーム > 事業紹介 > 臨床検査事業 > 検査案内 > pH

一般検査

検査項目名称 pH
コード 00061
統一コード 1A035-0000-001-911
検体必要量(mL)容器 / 保存
尿 5.0
U-1
採取条件・提出条件 / 備考
所要日数 1~2
検査方法 試験紙法
基準値 pH4.8~7.5
実施料 / 判断料 (26) ※

容器画像

コンペンジウム

高値 (アルカリ性に傾くとき)
■代謝性アルカローシス ■呼吸性アルカローシス ■腎盂腎炎 ■腎尿細管性アシドーシス ■ファンコニー症候群 ■尿路感染症(とくにプロテウス感染症)
低値 (酸性に傾くとき)
■代謝性アシドーシス ■呼吸性アシドーシス ■先天性代謝異常(アルカプトン尿症、フェニルケトン尿症) ■アルドステロン症
解説 尿pHを試験紙法で検査するスクリーニング検査で、体内の酸・塩基平衡の異常を推定することができる。
血液のpHは弱アルカリ性であるが、その状態を維持するために尿中に水素イオン・ナトリウムイオンなどが排泄され、結果として尿pHが変動する。健常人の尿は弱酸性でpH6.0~6.5程度を示す。
通常、尿pHは代謝性・呼吸性アシドーシスでは酸性に傾き、代謝性・呼吸性アルカローシスではアルカリ性に傾く。ただし、腎(遠位)尿細管性アシドーシスは水素イオンの尿中排泄障害であり、尿はアルカリ性となる。
尿pHは食物や薬剤などの影響を受けるので、判定の際には注意を要する。

ページトップへ戻る

補足情報

尿中一般物質定性半定量検査 院内で検査を行った場合のみ算定できる。ただし、尿中一般物質定性半定量検査は判断料は算定できない。

ページトップへ戻る

前画面に戻る

検査案内TOPへ戻る

B-Book

Copyright© BML,INC All Rights Reserved.